目元の化粧のポイント

アイメイクという化粧のポイントには、アイシャドウ、アイライナー、マスカラ等が用意されていて、自分のまぶたのタイプで使い方を工夫することが必要です。
一重まぶた、奥二重、二重まぶたとそれぞれのタイプのまぶたがありますが、それぞれに悩みを抱えているものなのです。そこで悩みを解消するための化粧のポイントとテクニックをご紹介しています。

またさらにアイラインの引き方、マスカラを上手に使う方法をご紹介して、さらに美しい目元を演出できるようにと、効果的な使い方や色の紹介、テクニックもいくつか選んでいます。

自分の目の形やまぶたのタイプでメイク方法には変化がありますが、基本的なことは変わりがありません。アイシャドウであればぼかしこむこと、アイラインであれば目の形を意識すること、マスカラなら焦らずに仕上げていくこと、などです。

最近はアイメイクの達人も増えていますが、自分の目元の魅力を把握しなければ、単に濃いメイクになってしまうこともあります。そこで「どうしたら魅力的な目元を演出できるか」「効果的にアイメイクアイテムをどう使えばいいのか」ということをご説明してあるのです。

またアイシャドウを除けば、アイライナーもマスカラも黒を選びがちですが、他の色を使い印象を変えることもご提案させていただいています。いうなればアイラインやマスカラも色で遊ぶことで、もっと魅力的な目元が演出できるというわけです。決して基本的な使い方を忘れなければ、上品な仕上がりになります。

その上品で美しい仕上がりのための極意は「焦らないこと」なのです。これはまさしく目だけではありませんが、化粧のポイントとして覚えておきたいことでもあります。

特にアイメイクは根気よく、丁寧に仕上げていくことが大切なのです。もう一度、手持ちのアイメイクアイテムを見直し、使い方を再確認してみましょう。